logo

Kavaネットワークバリデータ

期待リワードレート
7% – 15%
手数料
10%
支払い頻度
各ブロック(~7秒)
アンボンディング期間
21 日
バリデータアドレス
kavavaloper1ffcujj05v6220ccxa6qdnpz3j48ng024ykh2df

ユーザーは、KavaのマルチコラテラルCDPシステムを使用して、暗号通貨を担保にすることができます。KavaはTendermintを使用して構築されており、Cosmosエコシステムの主流のDeFiプラットフォームになることを計画しています。Cosmos Hubのバリデータとして、Kavaをサポートし、DeFiスペースの拡大に貢献できることを嬉しく思います。

よくある質問

ここでは、皆様から寄せられた質問にお答えしています。他にもお知りになりたいことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Kavaは、KavaのマルチコラテラルCDPシステムを使って、ユーザーが資産を担保にすることを可能にするDeFiプラットフォームです。Kavaは2019年11月14日にローンチしました。もっと詳しく知りたい方は、紹介のスライドをご覧ください。

Kavaの新しいブロックはバリデータによって提案されます。Kavaをシームレスに実行するためには、バリデータは安全で常時接続可能なインフラを提供する技術力を必要とします。

誰でもできることではありません。トークン保有者は持っているトークンをバリデータにデリゲートすることで間接的に参加します。バリデータはデリゲータのためにサービスを運営しています。バリデータは一般的に運営費用を払うために手数料を請求します。

KAVAをデリゲートすることで、ネットワークの安全性を確保できます。この支援に対して、プロトコルが提供するリワードの一部を得ることができます。KAVAを一定期間保有する予定であれば、デリゲートすることで、ネットワークの健全性に貢献しながら、より多くのKAVAを蓄積できます。

KAVAのデリゲートは所有権を渡すことではありません。バリデータとして、ステークフィッシュはお客様のKAVAを移動する権限を持ちません。

Kavaは、ブロックの見逃しが多かったり、ブロックに二重署名をしたバリデータにペナルティを課し、そのバリデータのステーク額を減額しています。当社は自身の資金をステークしているため、このような出来事を防ぐために最善を尽くしています。しかし、デリゲータは、スラッシングのリスクが常に存在することを認識しなければなりません。

デリゲータが受け取ったブロックリワードから10%を徴収します。例えば、デリゲータがリワードとして100 KAVAを受け取った場合、ステークフィッシュは10 KAVAを受け取り、デリゲータは90 KAVAを受け取ることになります。

デリゲート解除(アンボンディングやアンステイクとも呼ばれる)はいつでも行うことができます。ただし、KAVAがデリゲートを解除して譲渡可能になるまでには、約3週間かかります。

ステークフィッシュにご連絡ください

ステークフィッシュに問い合わせ

ステーキングもしくは当社のバリデータサービスについて質問があればお気軽にご連絡ください。私たちはステーキングエコシステムを発展させるために、コミュニティメンバーとぜひお話ししたいと考えています。

お問い合わせ